税理士に相談

書類を持つ女性

税金の納税申告書の作成はなかなか面倒なものです。そもそも申告書の書式にもいくつかの種類があるのですが、どの用紙を使用すればよいのかすらわからないという人が大半です。また、書類の作成方法については細かな決まりごとがあり、普段から税金に関する業務を行ったことがない人にとっては、かなりハードルの高い作業になっています。特に、相続税の場合は、被相続人の死亡から10ヶ月以内に納税手続きを完了させなくてはならないという制限があるため、税務業務の専門家である税理士を利用する人が昔からたくさんいました。会社勤めをしている人は、所得税や住民税の納税手続きを自分で行う必要がありません。そのため、亡くなった親から遺産を相続した際に、生まれて初めて税理士を利用するというケースがとても多くなっていました。

つい最近、税法が大改正されました。その改正によって、従来であれば相続税を支払う必要がなかったような人たちも、今後は課税される可能性が高くなりました。できれば、支払う税金の額はなるべく少なくしたいと考えるのが普通ですから、節税対策を真剣に考える人が多くなってきています。効果の高い節税対策を行うためには、税法の知識を有している必要があります。しかし、個人が税法の勉強を一から行っていたのでは埒があきません。そのため、税理士に生前相談をする人が増えてきています。生前に行うことができる相続税の節税対策は、ある程度長い時間がかかるものばかりです。なるべく早めに税理士に相談して、計画的に対策を講じるようにする必要があるのですが、今後は税理士に生前相談する人の数が増えるだろうと考えられています。